看護師のキャリアアップ

概要

近年の医療の高度化・複雑化により、看護業務において高度かつ特殊な技能が必要となる場面も増えており、 各分野におけるスペシャリストとしての看護師が必要となっていました。そこで日本看護協会により、1994年に専門看護師の制度が、1995年には認定看護師の制度が作られました。 その後、複雑化する病棟管理を円滑に行う高いマネジメント能力を持った管理職を育成するため認定看護管理者制度が1998年に制定されました。

各資格について

それぞれの資格は、日本看護協会が認定しています。約20年前にできた制度ですが、 年々資格を取得する人が増え、その人数は増加傾向にあります。

参照「認定看護管理者数と認定看護師数の推移(全国)

専門看護師は、様々な場面で活躍する看護のプロフェッショナルです。その活動内容は患者の看護ケアだけでなく、 その家族や医療従事者間のマネジメント、看護職への教育、更には研究活動など施設内外に渡って広く活躍します。

認定看護師はまさに特定分野における臨床現場のエキスパートです。21の専門分野に分かれており、 高度化及び専門分化する医療の現場にて高度な知識と熟練した看護技術を持って看護に当たります。

認定看護管理者は質の高い看護サービスを提供するとともに、組織的・経営的な視点を持って看護活動を行います。 取得の条件として「取得者が師長以上の職位であること」がありますので、管理職として組織全体の発展に大きな役割を担います。

資格のメリット

資格取得のメリットは様々なものがあり、その中でも日本看護協会や厚生労働省により公的に認められているものがあります。

公的に認められているものの一つは、「専門性の広告」です。これは専門・認定看護師の名称を、 チラシ・パンフレット・各種出版物等などに利用し、情報の一つとして提供することができるもので、 例えば病院案内などに専門資格名称を掲載することで、その病院の看護の専門性を広く知らせることができます。

また、そして公的に認められている利点の2つ目に「診療報酬加算」があります。こちらは、 病院内に専門看護師や認定看護師の配置することで、診療報酬が加算されるものです。

参照「認定看護師・専門看護師による診療報酬の算定と配置要件

資格とは看護師として熟練した知識と技術を持つスペシャリストであると認められたものです。 病院内外での活動範囲も広がり、技術を求められたり他の看護職に指導する機会ができたりと看護のやりがいを更に感じることができると思います。 また、資格取得後、職位や給料が上がったという方もいます。

資格を取得するには?

どの資格も「看護師免許を取得後」に一定期間の看護経験や実務研修が必要となります。その後、 資格教育課程や認定審査の終了後に資格取得となります。

詳しくは「看護職への道」コーナーへ。

資格取得のための援助

資格を取得する場合、様々な準備が必要になります。認定看護師は半年以上職場を離れることになり、 専門看護師は大学院課程の修了が条件となっていますので、金銭的・時間的な負担も非常に大きくなります。 しかし、資格取得中の給与保証や通勤費用等の援助を行う教育支援制度がある医療機関も数多く存在します。 実際に資格を取得した方々の多くは医療施設等から支援を受けています。

認定者全体の在学中の勤務形態

また、日本看護協会における奨学金の貸与もあり、福島県でも資格取得のための補助金もありますので、 まずは職場の上司に相談してみましょう。

  1. 福島県「認定看護師等養成事業補助金
  2. 日本看護協会「認定看護師教育課程奨学金
  3. 日本看護協会「石橋美和子がん看護CNS奨学金