新人看護職員研修事業費補助金

概要

保健師、助産師、看護師及び准看護師免許を取得後、初めて働く看護職に対して、新人研修を行うための費用を補助します。 また、自分の病院の新人看護職員だけでなく、他の病院から新人看護職員を受け入れて研修を行う費用についても補助の対象となります。 なお、研修は厚生労働省が示す新人看護職員研修ガイドラインに則ったものである必要があります。

参照「福島県新人看護職員研修事業費補助金交付要綱

補助対象

看護師等の人材確保の促進に関する法律で規定する病院等が対象です。病院、診療所、助産所、介護老人保健施設、 指定訪問看護事業所及び介護予防訪問看護事業所がこれにあたります。

補助対象経費

研修の実施に必要な人件費や消耗品費、旅費、備品購入費用等が対象です。基本的に研修に必要な費用は対象となります。

補助金額

実際にかかった費用と補助基準額を比べて、少ない方の金額に補助率を掛けたものになります。
補助基準額は新人看護職員の数や他病院受入によって変わります。補助率は許可病床数により変わります。

補助基準額例

新人看護師を10名、他病院から5名の新人看護師を受入れて研修を行った場合、補助基準額は1,286,000円となります。

ガイドラインについて

厚生労働省が作成した新人看護職員研修ガイドラインは、研修の体制や研修内容、到達目標等が示されています。

参照「新人看護職員研修ガイドライン【改訂版】

その他

新人看護職員の指導者のための研修も実施しております。

参照「新人看護職員研修ガイドライン【改訂版】