技術指導型在籍出向支援事業補助金

概要

相双地域の医療機関における看護の質の向上のため、看護職員を在籍出向させ、研修会等を通して技術指導を実施した場合、 出向元等が負担する人件費を補助します。

看護職員在籍出向支援事業イメージ

補助対象

看護職員を在籍出向させる福島県内外の医療機関又は玉突き出向の人員補填元の医療機関が対象です。

補助対象経費

出向元等の医療機関が負担する人件費(賃金、手当、社会保険料等)と赴任経費(引っ越し代等)が対象です。

補助金額

実際にかかった費用と補助基準額を比べて、少ない方の金額に補助率を掛けたものになります。
補助基準額は一人当たり以下のとおりです。
人件費:月額463,000円
赴任経費:299,000円(県内から赴任する場合)、393,000円(県外から)

補助金額例

看護師を2名、6か月間在籍出向させ、出向元が人件費を2,900,000×2(円)、赴任経費を50,000×2(円)負担した場合、 補助金額は最高で463,000×6×2+100,000=5,656,000(円)となります。